スタッフブログ

母の事

2020年1月31日

昨年まだ残暑厳しい中、母が亡くなりました。
延命治療を施し、治療空しく一か月後に人生を全うしました。

哀しんでいる暇はなく、すぐ葬儀担当の方より年金の手続き・預貯金・保険・不動産等・・・、順に説明が有り、七日、四十九日など、とても大変だなと思いながら、残りの病院代やサ高住の支払い等を済ませながらの片付け。次から次へと手続きの証明書を取りに何度区役所へ行ったか分からない程です。
一か月後、弟の「月命日だなぁ」との言葉に「はっ」と気が付き、何をしていたのか我に返った位。

今は実家取り壊しの為、業者も整理に入るのですが、人形関係は出来ないそうで、ひな人形やアルバム関係、弟が運んでくれました。

ふとした時に存在の大きさを感じ、一気に「淋しさ」が押し寄せる時があります。84歳以上のお客様宅伺うと「うらやましい」と感じてしまいます。

一日一日、仕事と生活を繰り返しながら元の様になっていくのですね。

練馬訪問 EM

カテゴリー

ホームヘルパー募集
  • ヘルパー介護研修会

携帯電話でみる

QRコード

携帯電話から、左のバーコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧になれます。

http://www.bestcare-kaigo.jp/m/