スタッフブログ

練馬事業所にて 防災訓練

2019年11月1日

先日、練馬事業所にて防災訓練を行った。

平和台消防署の方に来ていただいた。

震度5の地震の発生を想定し、身の安全確保(机の下に身をもぐらせる)を実践。

①まずは身の安全!机の下にもぐるか、もぐれる場所がない場合は座布団やバッグなどで頭を保護する。

②揺れが納まってから火消。ガスが点いていても震度5強で自動で止まるので、つまみをもとに戻しておく。出火していたらこの時に消火作業。

③避難通路の確保。玄関ドアや窓を開ける。

④避難。避難経路になる通路は日頃から時々使っておくとよい。

その他にも

・棚の荷物は地震時に飛び出してくるため、日ごろから扉や引き出しは閉めておく。

・固定していないもの、壁にかけてあるもの、棚の上の置物、引き出し等は飛んでくる。必ず身(頭)を守る。

・床は物が散乱し、ガラスも散らばる。怪我をしないよう履物を履いておく。

と、具体的なことを教えてくださった。

とにかく、慌てず冷静に。地震の揺れは必ず納まる。まずは身の安全を確保して。

いつ来てもおかしくない自然災害。できうる限りの対策を心がけたい。