スタッフブログ

梅子黄なり(うめのみきなり)

2019年6月21日

 先日、いつもおいしいお弁当を提供してくださる 会社近くのお店のお母さんとすれ違いました。声を掛けると、「今梅を拾ったの。」と嬉しそうに二粒の梅を見せてくれました。

今日お弁当を買いに行った際に拾った梅をどうされたか聞くと、お孫さんが大好きな梅シロップにしたのことでした。「一歳の時にテーブルの上にシロップに漬けた梅の実を置いておいたら、目を離した隙に3つも食べてしまって焦ったわ。」と、話してくれました。

 梅の実といえば私の祖母も梅酒をつくっていたため、常に食べることができました。焼酎をたっぷり含んだものなのに、何個食べても止められることもなく、お酒との認識のない子供の私はおやつ代わりにバクバク食べ祖母から、「〇〇子が酔っ払ってる。」などと言われたものでした。

 今の時期は旧暦で「梅子黄なり(うめのみきなり)」と言うそうで、梅が旬を迎えます。梅酒、梅干、梅酢、梅ジャム、梅シロップと、楽しみはいろいろです。今年は私も祖母を思い出し、梅酒作りに挑戦してみようかな。

板橋O