スタッフブログ

おはぎとぼた餅

2017年9月29日

訪問介護のH・Oです。

今日は秋分の日。普段ご先祖様を大切にしていない私ですが、春と秋のお彼岸にはおはぎを作ってお供えしています。

表題のおはぎとぼた餅。みなさんはその違いをご存知ですか?答えは、秋のお彼岸にお供えするのがおはぎ。春にお供えするのがぼた餅と呼ばれるそうです。

昔は、秋に収穫したての小豆をそのままつぶ餡にしたのがおはぎで、冬を越してかたくなった小豆をこし餡にしたのがぼた餅という違いがあったようです。
そして春は牡丹に見立てて牡丹餅。秋は萩に見立ててお萩。(ちなみに私は春も秋もつぶ餡で、おはぎと言っていますが、、、。)

普段何気なく使っている言葉や習慣も、日本人が自然の恵みの中で生きていた時代の智恵や美意識が、現在の暮らしの中にも溶け込んでいるんですね。

カテゴリー

ホームヘルパー募集
  • ヘルパー介護研修会

携帯電話でみる

QRコード

携帯電話から、左のバーコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧になれます。

http://www.bestcare-kaigo.jp/m/